体験談45:いたって普通の女子大生

体験談45:いたって普通の女子大生

わたしの意見コーナーでは、

体験談に書ききれない

私の摂食障害に対する考え方を紹介。

こっちの方が割と本質的かも。

▶︎前回⇨体験談44:あきらめかけた就活

 

▼ゆるい過食嘔吐(38kg→45kg)

20歳4月~25歳4月 (約5年)

 

普通の女子大生

すべりこみセーフで6月に内定が決まり

そこから卒業までは卒論以外

ほぼやるべきことはゼロ。

 

最後の学生生活を謳歌しようと

私は1時間でもあればバイトを入れた。

 

すべては夏休みの旅行のため!

 

確かに相変わらずバイト帰りは過食嘔吐してたけど

頻度で言えば週1日くらい。

 

それ以外はいたって普通の女子大生。

言ってしまえば、もう治ったとすら思っていた。

Advertisement

 

全力の夏休み

夏休みは1日たりとも家にこもる日はなかった。

とにかく旅行欲が爆発した(笑)

 

すべて女友達との2人旅。

 

▼鳥取砂丘

 

▼富士山

 

▼福井(友達の実家)

 

▼大島

 

▼スペイン・ポルトガル1ヶ月

 

旅行中はダイエットなど考えず

友達と同じように食べたし

階段よりもエスカレーターを使う自分も

許すことができた。

 

スペインから帰ってきた翌日から

私は8時間バイト入れてたし

ほんとーにほんとーに充実していた。

 

このころは彼氏欲しいな〜って気はなく

彼氏という1人の人間とずっと過ごすくらいなら

いろんな人と一緒に過ごしたかった。

 

恋愛依存もこのころにはなくなっていた。

つづき⇨体験談46:卒論のテーマは摂食障害

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング

▶︎個人面談のご案内はこちら

▶︎質問箱→匿名で質問

▶︎体験談まとめを読む