高カロリーのものを過食したくなるのは、麻薬と同じ作用

高カロリーのものを過食したくなるのは、麻薬と同じ作用

低カロリーのものでは満足できない

Advertisement

 

食事を「本当に食べたいもの」にする

そうそう、過食欲はまず野菜で満たせで書いたけど

野菜スープなどの許容食を食べてましたが

それでも満足できない時もありました。

 

確かにその時は、

その後に高カロリーのものを買い出しに行って

吐いてしまう失敗をしたこともあります。

 

しかし、そこで気付いたのは

「食事の時に食べたいものを食べたほうが

満足感が上がり、過食をしたくなくなる」

ということ。

 

3食毎回、バランスよく食べているせいで

ジャンクフードの過食欲が出てくるなら

適度に食事に取り入れるのがいいと気づきました。

 

それが一番、変なストレスや欲求が

生まれずにすむと思いますよ。

 

ジャンクフードだからと言って

1食くらいであれば太りませんよ!

あくまでも「ばっかり食べ」が

体に良くない&太りやすくなるだけだと思うので。

 

ただ、一口食べただけで吐き出したくなったり

過食欲が湧いてしまったりすると思います。

 

正直これは慣れです。

どこかで受け入れられるようになるしかありません。

 

初めは難しいかもしれませんが

徐々に「許可食以外を吸収しても大丈夫」

と思えるようになるといいな。

 

 

高カロリーの過食は麻薬のようなもの

ジャンクフードは、2010年にフロリダ州の研究機関が

「麻薬」と同じ効果があると発表しています。

 

つまり、ジャンクフードを食べると、

人間の脳内でドーパミンD2の受容体の減少が認められたそう。

これはコカインやヘロイン中毒と

同じ快感を得ているということ。

 

だから、自分の吸収を許可できないような

高カロリー食の過食が快感になり

過食が習慣化してしまう理由でもあります。

 

だからこそ、徐々に生活習慣を見直し

過食をしない環境づくりをすることが

私は大切ではないかな、と思います。

 

過食嘔吐は習慣の工夫で治す

巨額な過食費をトイレに流さないために

などの過去の記事も参考にしてみてください〜!

 

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング

▶︎質問箱→匿名で質問

▶︎体験談まとめを読む