お腹が減るのは代謝がいい証拠

お腹が減るのは代謝がいい証拠

お腹が空くのはいい兆候?

Advertisement

拒食からの回復期。体の声が聞けるようになる

確かに拒食からの回復期などに

「空腹」を感じるようになることって

怖いことだと思います。

 

拒食のころって

意思で食欲をコントロールしていたので

「お腹がすく」という感覚がなくなりやすくなる。

でも食べ始めると正常な体の声を聞きやすくなるので

空腹を感じることも普通のことになってくるでしょう。

 

また、もう一つ、

空腹を感じやすくなる要因として

「基礎代謝が上がる」ということもあります。

 

基礎代謝が増えると空腹になりやすい

基礎代謝とは何もしないときでも行われる代謝のこと。

つまり、寝ているときでさえ

基礎代謝は行われています。

 

基礎代謝は一日の代謝の大部分を占めているので

基礎代謝が高いとそれだけ太りにくくなります。

 

 

代謝が高ければ同じ量を食べても太りにくくなるので

よくダイエット情報誌などでも

「基礎代謝をあげよう」という内容をよく見受けます。

 

しかし、代謝効率が高い身体では、

たくさんご飯を食べないと満腹にならず

代謝がいいのですぐにお腹が減ります。

 

代謝が上がるとお腹が減りやすいのは、

以前よりも多くのエネルギーを必要とするからなんですね。

 

だから逆に言えば、闇雲に

「空腹を感じなくなった!」と喜んでも

体は代謝を下げようとしている証拠かもしれません。

 

私はご飯を食べることが好きなので

基礎代謝の高い体を目指したいところです。

 

しかも、年齢を重ねるごとに

基礎代謝は減ってしまうので

若い時に基礎代謝を減らしてしまうのは

今後太りやすくなってしまうかもしれないので・・・!

 

参考になれば幸いです。

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング

▶︎個人面談のご案内はこちら

▶︎質問箱→匿名で質問

▶︎体験談まとめを読む