摂食障害の友達にしてあげられること

摂食障害の友達にしてあげられること

親友が拒食症。友達としてしてあげられることは?

Advertisement

一番の理解者になってあげる

 

質問者さん、あなたはとっても優しい。

拒食の友達に

治るきっかけを与えられる人です。

 

友達に寄り添うのは、

それなりに忍耐のいることかもしれません。

 

というのも、寄り添っても、

友達から距離を取られる可能性もあるからです。

(摂食障害の症状がひどいと、周りに壁を作ってしまうことも多いので)

 

でも、そこで疎遠になるのではなく、

あなたがじっと待っててあげて欲しい。

 

そして、友達に

あなたの戻ってくる場所はあるのだよ

という信号を送り続けて欲しい。

 

 

拒食の友達にしてあげて欲しいこと3つ

1、自分の悩みを話すこと

友達の悩みや本音を引き出すには

まずは自己開示が大切です。

 

一番簡単なのは、

自分の誰にも言っていないような

悩みを打ち明けること。

(頻度は少なくて大丈夫です)

 

こうすることで、友達は

「悩みを打ち明けてくれた=自分を頼ってくれている」

と認識するようになるでしょう。

 

誰かに頼ってもらえるということは

とっても嬉しいこと。

そして、力になってあげたということが

友達の自信につながるでしょう。

 

2、一方的にでもいいから自分から何気ないことを定期的に連絡する

これは私がしてもらって嬉しかったことなのですが

今日学校で会ったこととか世間話とかが

毎日のように連絡がきたこと。

 

私は自分から友達に壁を作っていたので

返信はしなかったのですが

それでも毎日連絡が来ました。

 

摂食障害の人は、ふと体調が良くなったり

誰かに連絡を取ってみたくなる瞬間があります。

 

そんな時に連絡する相手が

すぐに思い出せるように

あなたがコンスタントに連絡をしてあげてください。

 

友達に「あなたは居場所があるのだよ」ということを

常に教えてあげてください。

 

もう、それはそれは

とっても心強いことだと思いますよ。

 

 

3、友達の外見以外のいいところを見つけて褒める、背中を押す

友達のいいところ、

きっとあなたはいっぱい知っているはずです。

 

それを言葉でちゃんと

伝えてあげてください。

 

「体型以外にも、あなたは素敵なところがたくさんあるんだよ」

ということを暗に伝えてあげてください。

 

友達は今、頭の中が

食べ物や痩せることでいっぱいだと思います。

 

しかし、友達が治りたいと思った時に

取り柄になるのがその「いいところ」を伸ばすことです。

 

 

質問者さんはとっても優しい方ですね。

ぜひ、友達に寄り添って

焦らず一緒に歩んでいけるといいです。

 

▶︎質問箱→匿名で質問できます

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング

▶︎体験談まとめを読む