20年以上チューイングしています

20年以上チューイングしています

20年以上チューイングしています。

Advertisement

 

チューイングは血糖値の上昇と脳の混乱を招く

過去の記事で言えば、

チューイングしても血糖値は上がる

にも書きましたが、

 

チューイングをしても血糖値は上がります。

つまり、噛むことで

唾液や胃液がしっかりと分泌され、

その結果血糖値が上がりやすくなります。

 

また、咀嚼する事で脳は

「今食事をしている」って認識をしますが

胃に何も入ってこないことから

「食べたのに栄養が入らない」と脳が混乱します。

そうすると自律神経が乱れて

精神的にイライラしたり不安になったりします。

 

すでに20年以上もチューイングされているので

体は慣れてしまっているかもしれませんが

代謝機能の異常で太りやすくなったり、

鬱っぽくなっていませんか?

 

少しずつ回数を減らしていけるといいですね。

 

運転中の食事は事故の元

運転中もチューイングをされているようですが

もし辞めれるのであれば、

せめて運転中は食事を避けたほうがいいです。

(そんなことわかっちゃいると思いますが・・・)

 

人間は同時に複数の行動を

正しくおこなうことは難しいため、

交通事故を引き起こす可能性を高めます。

 

おにぎりを食べながらの運転は

今の法律では違反とはなっていません。

 

しかし、運転に集中できない危険な状態であり

危険運転行為として違反になりえる場合もあります。

 

 

「チューイングは家だけでする」

のように、自分の中でルールを決めるのもいいかもしれません。

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

▶︎質問箱→匿名で質問できます

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング

▶︎体験談まとめを読む