決まった時間にしか行動できない

決まった時間にしか行動できない

ルーティーンを守らないと過食や拒食をしそうで怖い

 

マイルールに縛られない=病気が治るということ

私も以前に、

ウォーキングは1日何分、食事は何時のように

毎日同じ時間に同じことをしないと

気が済まない時期がありました。

 

いつもと違う1日を過ごすのが

とっても怖かったのを覚えています。

 

しかし、病気が治るということは

そういうマイルールに囚われなくなること。

 

もっと柔軟な思考で

変化を受け入れられるようになることだと

私は考えています。

 

意識的にいつものパターンを壊す

にも書いてますが

 

人間は本能的に現状維持を好むので

そう簡単に今までの習慣は変わりません。

 

だからこそ、意識的に

「いつものパターンを壊す」

ことが重要になってきます。

 

病気を治すには怖いけど、

いつもと違う行動を試し、

トライアンドエラーを繰り返しながら

過食や拒食を繰り返しながら

前に進んで行くものです。

 

だから、私はその免許更新は転機だと思います。

 

逃れられない変化をチャンスと受け止め

今回はいつもより食事の時間を遅くしたり

運動の時間を短くしてみませんか?

 

それでやけになって過食っぽくなるかなんて

やってみなきゃわからないでしょう?

もしかしたらうまく行くかもしれない。

 

仮に過食に走ってしまっても

自分はまだ変化することにストレスを覚えるんだな、

次からはこうしてみようかな、

と、自分の感情やパターンに新たに気づけます。

 

一生、今の生活を続けられないでしょう?

ちょっと勇気がいるかもしれませんが

病気を治したいのであれば

変化する自分に挑戦してみてください。

 

応援してます。

 

 

▶︎質問箱→管理人に匿名で質問する

▼あなたの「拒食」「過食」「過食嘔吐」「下剤乱用」などの体験談を、匿名で書いてみませんか?

 

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング