過食嘔吐しながらも大学合格した話

過食嘔吐しながらも大学合格した話
SNSやブログに書かない裏話や、過食を思いとどまらせるヒトコトを配信!
友だち追加

 

受験生ですが過食嘔吐に時間を割いてしまいます

Advertisement

過食嘔吐をやめて勉強するのではなく、うまく付き合う

私も大学受験をしようと決めた時

過食嘔吐が日課だったので

大学合格まで乗り越えられるか不安でした。

 

その頃の話はここに書いてます。

体験談22:2年遅れの、偏差値29の受験生

体験談23:拒食+計画的過食嘔吐

 

今から書く話は真似して欲しい訳ではありません。

見方によっては、過食嘔吐を助長させるように聞こえるかもしれないので、あくまでも参考程度に聞いてくださいね。

 

私は受験期、過食欲求はかなりありました。

でも、それ以上に、大学に合格したかった。

 

そこでとった私の方法は

拒食+計画的過食嘔吐。

 

週6日は制限食で、週に1度だけ過食嘔吐をしていました。

 

週6日は食べることを考えたくなかったので

食事内容はほぼ毎日同じ。

朝:果物・ヨーグルト

昼:サラダ・押し麦のおかゆorベーグル

夜:汁物・押し麦のおかゆ

間食はソイジョイや豆乳

勉強するにはエネルギーが必要だから

定期的に栄養を取ることは欠かさなかった。

 

でも、1日1000kcal程度しかとってなかった。

 

しかし、制限食ってやっぱり

フラストレーションが溜まるもの。

 

私は週に1度だけ

好きなものを好きなだけ食べていい日を作り

1週間我慢してきた食欲を爆発させた。

 

悲しいことにこの時は吐いていました。

 

しかし、毎日のように過食嘔吐していた受験前に比べ

週に1度だけに減ったこと。

 

そして、週に1度は過食嘔吐をしてもいいと

自分を許せたことで、

週に6日は非嘔吐で勉強に集中できました。

 

過食嘔吐は確かによくないし、

できたら辞めたい。

 

でも、完全に辞めるのではなく

うまく付き合いながら、

コントロールできる範囲で

過食嘔吐を許しながら、

うまく付き合うのも一つの方法だと思います。

 

要は、何を達成したいか、だと思います。

 

一番に大学合格を目指したいのであれば、

過食嘔吐を完璧になくすのではなく

過食嘔吐の優先度を下げられる習慣づくりをすることが

無理なく勉強に集中できるかもしれません。

 

完璧を目指さなくていいのです。

過食嘔吐をうまく利用して

ストレス発散させながら

夢に近づくのだっていいのです。

 

結果、目標達成して自信を手にして

過食嘔吐がなくなればいいや、くらいの気持ちでいいと思いますよ^^

 

参考になれば幸いです。

 

友だち追加

 

▶︎質問箱→管理人に匿名で質問する

▼あなたの「拒食」「過食」「過食嘔吐」「下剤乱用」などの体験談を、匿名で書いてみませんか?

 

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング