拒食症を治したくない

拒食症を治したくない

Advertisement

治したくない気持ちの裏にある本音

拒食を治したくないないのに

この質問箱に質問を送るのは

本当は今の自分が苦しいからではないでしょうか?

 

拒食を治す、治さないは

正直、それぞれの自由だと思います。

 

でも、痩せで身につけた自信は

かりそめの自信であり

心からの自信ではないと思うんだ。

 

だから、体型にとらわれない本物の自信や

病気を手放した時に味わえる幸せを

私は知っているから味わって欲しいと思ってる。

 

だから、この場で「治したい」という方の応援をしています。

 

あなたがまだ「拒食を治したくない」

という気持ちが強いのは

まだ心の底にある問題に気付いていなかったり、

苦しいと思いつつもそれを認めず

治したくない気持ちの方が強い時期にあるのでしょう。

 

摂食障害は心の中にある本当の気持ちを

拒食や過食、痩せたい気持ちで表現している状態。

 

本当に伝えたいことを伝えられるようになった時

だんだんと症状が良くなってくるものです。

 

あなたのその「構って欲しい」

「愛されているという実感が欲しい」

という気持ちが拒食という症状で

現れてしまっているのでしょう。

 

治すも治さないも自由。でも、それを一生続けられますか

正直、治したくない方に

治しなさいとは私は言いません。

 

でも、今は周りに迷惑をかけず

なんとか生活できているかもしれません。

 

しかし社会に出るタイミングで

働けない体になっていると

両親の援助なしでは生きれないと思うので

迷惑、というか心配をかけると思いますよ。

 

また、今は友達が心配してくれるかもしれませんが

そこに居心地の良さを感じるのは

健康的な感情ではないな〜と思います。

 

もっと友達と

「楽しい」「嬉しい」「美味しい」

といったポジティブな感情を共有できた方が

あなたも友達も良い関係になれるのではないかな〜

と思います。

 

参考になれば幸いです。

 

友だち追加

▶︎質問箱→管理人に匿名で質問する

▼あなたの「拒食」「過食」「過食嘔吐」「下剤乱用」などの体験談を、匿名で書いてみませんか?

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング