母親が揚げ物や炭水化物ばかり食べさせる

母親が揚げ物や炭水化物ばかり食べさせる

 

体の治療が先。まずは自分の気持ち具体的に伝えよう

私は拒食で入院中に

出された食事を100%食べないと退院できず、

恐怖を押し殺して食べていたら

「食事=苦痛」というイメージがついてしまいました。

 

しかし、その後

私が食べ始められるようになったのは

自分の好きなケーキやパフェを

ご褒美に食べられるようになり

食べることが好きになったことが

一番大きなきっかけでした。

 

ですので、拒食を克服するには

食べることを好きになることが

一番いいと思っています。

 

しかし、質問者さんの場合は

BMI11.5という危機的な状態なので

今は命のために体重を増やすことが

先な気もしています。

 

気持ちと相談しながら食べることも

確かに治る過程で必要ですが、

極度に痩せている場合は

勇気を出して食べることも治療です。

 

ただ、お母様があまりにも

あなたの気持ちを考えずに

とにかく高カロリーのものを作っていて

それが逆に恐怖を呼んでいるのであれば

お母様にちゃんと伝えた方がいいですよね。

 

お母様は今、

必死にあなたの命を取り留めようとしているので

悪気はないのでしょう。

 

しかし、あなたが「治すために食べたい」

と思えない環境なのであれば

改善するようお母様と相談すべきだと思います。

 

例えば、

「揚げ物だと治したい気持ちよりも

恐怖心が勝ってしまって食べづらい」

 

1週間ごとに高カロリーのものに

挑戦していきたい」

 

など、自分が許せる食事の提案を

してみたらいかがでしょうか。

 

それでもお母様が

「文句を言わずに食べなさい」

と強制するのであれば

お母様は病気に対する理解が足りないのかも。

 

下記の本などがオススメなので

ぜひ一緒に読んでみてください。

 

病気に対する理解が深まるはずです。

参考:拒食症・過食症を対人関係療法で治す

 

本名顔出しでつぶやきます

友だち追加

▶︎質問箱→管理人に匿名で質問する

▼あなたの「拒食」「過食」「過食嘔吐」「下剤乱用」などの体験談を、匿名で書いてみませんか?

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング