チューブを捨ててもまた買ってしまう

チューブを捨ててもまた買ってしまう

Advertisement

チューブ吐きを本気で治したいか

チューブがあると吐いてしまうから、

チューブを捨ててみよう。

 

その考えは本当に褒めるべきこと。

 

しかし、また買いに行ってしまうのは

ホームセンターが近くにあるうとなかろうと

あなたの意思。

 

ホームセンターが近くにあることが原因なのではなく

あなたの「病気を治したい」という気持ちが

そこまで強くないからだと私は思います。

(厳しく聞こえたらごめんなさい。)

 

チューブ吐きだった人で、

本気で治したくて

チューブを捨てて耐え忍んでいる人も知っています。

 

その方とあなたの違いは

病気を本気で治したいかどうかという

わずかな気持ちだけのように感じます。

 

まずこの記事。治す上での心構えの中の

摂食は自分で治すと決めなきゃ前に進めない

にも書いたので参考にして見てください。

 

あまり意思の話はしたくないけれど、

摂食障害を本気で治したい、

という全体的な気持ちの流れがないと

なんども病気の声に負けてしまいます。

 

摂食障害を治したい=太ってでも治したい

の記事にも書いたけど、

摂食障害を本気で治したいと思うのであれば

今よりも多少太ることを許してあげてください。

 

それが、痩せに執着しなくなることにもつながります。

 

チューブを捨てると同時に

食べることや痩せる以外に

幸せだと感じることを探したり、

なぜ自分は痩せに執着するのか

自分と向き合って見てくださいね。

 

LINE@ではブログには書ききれないものを配信。
※個人的な相談には乗れません

友だち追加

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング