食べることだけを頑張っていませんか

食べることだけを頑張っていませんか

サリーさん(17)歳より

拒食克服中です。お母さんや主治医の監視があるので3食頑張って食べてますが、食べることに疲れました。目標体重を目指さないと学校に行けない。でももう普通に食べてるから、もう病気ではないと思う。でも、太りたくないの気持ちが渦巻いています。

 

食べることだけを頑張っていませんか?

ご質問ありがとうございます。

拒食からご飯を食べる努力をされているのは

とっても勇気のいることだったと思います。

 

ただ、ご飯を食べて体重を増やせば

摂食障害が治るわけではありません。

 

3食食べることを頑張る=治療を頑張る

と思っていませんか?

 

確かに、標準体重の8割以下であれば

食べることも大切です。

むしろ、体の回復のためには避けられません。

 

しかし、それ以上に大切なのは

自分自身の心に向き合うこと。

 

なぜ痩せを手放せないの?

太る恐怖はなぜあるの?

本当に学校に行きたいの?

 

などを自分自身に問いかけてほしい。

 

自分に向き合わない限り

なかなか完治は難しいと思います。

Advertisement

 

親や主治医のためではなく、自分のために治す

今、質問者さんの食事をとるモチベーションは

「親を悲しませないため」

「主治医に怒られないため」

と、自分が主語になっていないですよね?

 

自分のために、

自分が幸せになるために、

病気を治してほしい。

 

おそらく、

自分がどうやって生きていいかわからなかったり

自分がどういう状態が幸せかわからないから

周りの人を主語にしているのでしょう。

 

でも、あなたの人生を生きることが

巡り巡って親の喜びにも繋がるものです。

 

まずは、今は将来のことなどを

何も考えたくないかもしれませんが

ありのままの自分を認めて、

理想を高く持ちすぎずに

自分の幸せを見つけられるといいな。

 

自分を大切にするということ

という記事にも似たようなことを書いたので

是非読んでみてください。

 

LINE@ではブログには書ききれないものを配信。
※個人的な相談には乗れません

友だち追加

 

それぞれ1日1ポチが励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村


摂食障害ランキング